ラッピングカーをリニューアルしました

sugitec

こんにちは。IT事業部のHです。

弊社が独自開発し活用していた、活用建物調査・報告書作成システムのSINQAですが、以前にSINQAのPRの為、ラッピングカーを製作し、これまで京都の街をはじめ様々な場所を走ってまいりました。

そのSINQAは、新たに「S-CLOUD(エスクラウド)」として生まれ変わり、さらに便利に活用できるようになっています。それに合わせてラッピングカーもリニューアルしました!

主に運転席ドアの面をS-CLOUDとしてリニューアルしています。

運転席ドア以外は基本的に以前と同じです。最初にラッピングしたのが2016年4月頃なので、かれこれ6年以上経過していますが、大きな劣化や剥がれもなくキレイな状態を維持しています。素晴らしいですね。

ちなみにS-CLOUDですが、ご存知ない方に簡単にご説明させていただきますと、iPadなどのタブレットにインストールするアプリ型の建物調査システムとなっております。

従来では図面や野帳に手書きで劣化情報を入力していたものを、完全デジタル化したものになります。詳細は以下S-CLOUDのページを御覧ください。

お知らせ
技術開発でお困りですか?

スギテックでは、DXを推進していく中で、皆様が日々抱えている課題を解決するお手伝いをさせていただきます。

「技術開発を考えているが実現できる技術なのか?」「こんなことをやりたいと思っているが、費用は大体いくらかかるのか?」等、気軽に相談や見積もりができる所をお探しの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

SUGITEC|建設業界の最新技術紹介
タイトルとURLをコピーしました