MR技術を活用したインサート墨出しで10倍の生産性向上を実現

sugitec

[aside type=”normal”]記事のポイント

・株式会社インフォマティクス(以下、インフォマティクス)は、建築設備大手の株式会社ヤマト(以下、ヤマト)の監修のもと、株式会社NYKシステムズ(以下、NYKシステムズ)が開発元である建築設備CADの「Rebro」の開発版とデータ連携し、Microsoft HoloLens2によるMR技術を用いたインサート墨出しの実験を行い、少なくとも10倍の生産性向上を実現できることが発表された。

[/aside]

MRインサート墨出し実験で10倍の生産性向上を実現

インフォマティクスが、ヤマト、NYKシステムズの協力で、NYKシステムズが開発した建築設備CADの「Rebro」の開発版とデータ連携を行い、HoloLens2によるMR技術を用いたインサート墨出しの実験を行った。その結果、少なくとも10倍の生産性向上を実現できることが発表された。

このインサート墨出しの実証は以下の手順で実施されている。

1.Rebro開発版から、インサート、配管ルート、通り芯などの座標情報のみを出力
2.1をもとにHoloLens2の専用システムへ取り込み
3.2点位置合わせによるキャリブレーションを実施
4.1人がHoloLens2を被り、立位状態からレーザーポインターを使いインサート位置を指示。
もう一人が墨出し作業を行う。


出典:インフォマティクス

この際、HoloLens2の誤差を最小限に留めるべく微調整機能を設けることで、随時位置を確認しながら精度を担保しつつ10倍の高速化を図る実験に成功したという。
(75点のインサート墨出し箇所を、2名でトータルステーションを用いて実施した場合にかかる時間が75分。今回のHoloLens2とレーザーポインターを併用した手法では7分30秒を達成している。)


出典:インフォマティクス

また、従来ではMR表示用に専用ツールで変換しなくてはならなかったそうだが、今後に予定されているRebroからのダイレクト出力によって変換無しで専用ツールに取り込めるようになるとのことで、この部分に関しても更に高速化が実現できる見込みだという。

インフォマティクスでは今後、ヤマト監修のもと、現場で実証実験を行いつつ、ツールの一般提供に向けNYKシステムズと連携を図り開発を進め、早期の市場投入を目指すとしている。


□株式会社インフォマティクス
インフォマティクス、ヤマト・NYKシステムズ協力の下、MRインサート墨出し実験で少なくとも10倍の生産性向上を実現
リリース記事:https://www.informatix.co.jp/pr_gyroeye-holo24/

□この件へのお問い合わせ
株式会社インフォマティクス:https://www.informatix.co.jp/contact-us/

新技術紹介
技術開発でお困りですか?

スギテックでは、DXを推進していく中で、皆様が日々抱えている課題を解決するお手伝いをさせていただきます。

「技術開発を考えているが実現できる技術なのか?」「こんなことをやりたいと思っているが、費用は大体いくらかかるのか?」等、気軽に相談や見積もりができる所をお探しの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

SUGITEC|建設業界の最新技術紹介
タイトルとURLをコピーしました