建築・土木構造物調査はタブレットひとつで完結。加速する現場のデジタル化技術「S-CLOUD」

sugitec

概 要

従来の建物の外壁調査は、現場に調査対象となる建物の紙図面を持ち込み、そこに調査した劣化情報等をその紙図面に直接手書きで記録するというのが一般的であった。最終的に、その手書きの情報を基にPCにデータ入力を行った上で成果物となる調査報告書をアウトプットする。

有限会社スギテック(以下、当社)が独自開発した「S-CLOUD(エスクラウド)」システムは、タブレットアプリに入れた図面に調査情報を入力することで、報告書の作成までを自動化する。調査情報の手書きとその後のデータ入力の手間を省き、調査業務から報告書の作成までを効率化できるものとなっている。

システムはマルチプラットフォーム対応となっており、Apple社のiPadや各種アンドロイドタブレット、PCなど、OSに依存しない運用が可能となっている。また、データはクラウドに対応しておりそれぞれのOSで共有可能だ。

建築物外壁調査の現状

建築物の外壁調査を行う際、持ち込んだ紙図面に直接劣化情報を書き込むアナログな手法が、いまだに多くの現場で行われている。この調査方法の問題点は大きく分けて以下の3点だ。

  1. 手書きによる個人差
    手書きする際の劣化情報のまとめ方は人により様々だ。また、まとめ方を統一していたとしても記入する文字には個人差があり、第三者がそれを判別するのに苦労したり、確認が必要になることがあるため、二度手間となる。
  2. 作業時に持つ必要のある道具が多くなる
    従来の調査方法の場合、調査時に図面や記録用のデジタルカメラ、筆記用具など持つべき道具が多くなる。高所での作業の場合、それらの落下の危険性も増す。
  3. 膨大な情報をPCに入力しなければならない
    図面に記録された情報は時には膨大なものとなる。それらをPCで再度入力する作業コストが掛かる上に、記録の読み間違いや数値の入力ミス等のヒューマンエラーが発生する可能性が常にある。
手書きの調査図面の例。作業者による個人差が大きく出る部分だ。(写真:スギテック)

調査を行う作業者が調査内容を手書きで行うという時点で、そのデータの正確性には難が出てしまうのは明らかだ。それを「再度確認しながらPCに入力するという手順は二度手間であり、ヒューマンエラーの可能性をさらに高める行為になっている」と、開発を主導した当社の杉山(東京支店長)は語る。

間違った情報で報告書が作成されてしまえば、最悪の場合その後の改修工事にも影響が出る。

調査報告書作成システムS-CLOUDについて

そこで開発されたのが当社が独自開発したS-CLOUD(エスクラウド)だ。タブレットアプリでもあるこのシステムは、現場で調査した劣化情報をそのままアプリの図面上で入力できる。

劣化箇所を記録する写真もタブレットのカメラで撮影することで、簡単に劣化箇所と紐付けができるようになっている。紙図面や筆記用具、デジタルカメラの携行は不要だ。

S-CLOUDでの調査例(写真:スギテック)

また、常時クラウドサーバーに接続されていることから、調査情報はリアルタイムにクラウドデータに反映され、事務所のPCと共有することも可能だ。そして調査後のデータはそのまま報告書として出力ができるようになっており、従来のように野帳をデータ化する必要がないことから、大幅な作業時間の短縮が見込める。

調査情報はそのまま報告書(エクセルフォーマット)に出力できる。(写真:スギテック)

安全かつ圧倒的な効率化

S-CLOUDを活用することで、アプリに保存された調査情報がそのまま報告書となる。入力の手間や入力ミス自体が無くなり、かつ正確な報告書が提供可能だ。

そして以後の調査・補修の際には、デジタルデータとして保存されることから、過去にその建物でどんな不具合があり、どこを補修したのか?というような情報履歴にも瞬時にアクセスできる。これは従来の紙ベース作業ではできない利点でもある。

また、調査時の持ち物が少ないことにより安全な作業ができることもメリットとしてあげられる。

S-CLOUDの今後

S-CLOUDは、建物の外壁調査だけでなく、土木業界でのコンクリート構造物のひび割れ調査にも適用できることから土木業界からの引き合いも多い。

今後の定期的なバージョンアップを含め、建設・土木業界それぞれに特化したより使いやすいカスタマイズをおこない、調査業務の効率化に貢献していく。

S-CLOUDのご利用について

S-CLOUDのご利用、またはご質問等に関しては以下よりお問い合わせください。

□有限会社スギテック 京都本社
住所:〒615-0055 京都府京都市右京区西院西田町94
TEL:075-326-1126 FAX:075-326-1150
担当:白川・有馬

□有限会社スギテック 東京支店
住所:〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー7階
TEL:03-6894-4075 FAX:03-6894-4077
担当:杉山

お問い合わせフォーム:https://www.innovation.sugitec.net/media-contact/

タイトルとURLをコピーしました